トイレ救急社

コロナ対策を優先したトイレつまり修理業者の選び方と対処法

コロナ禍である現在、トイレの詰まりには、より注意しなければなりません。なぜなら、コロナウイルスはトイレからも感染する恐れがあるためです。特に詰まったトイレはコロナウイルスが繁殖しやすく、大変危険です。

この記事では、コロナ禍の中でトイレが詰まってしまった時の対処法や、修理業者の選び方について解説します。コロナウイルスの感染を防ぐためにも、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

なぜコロナ禍の中ではトイレの詰まりにより注意しなければならないのか

コロナウイルス

コロナ禍の中ではよりトイレの詰まりに気を付けなければなりません。その理由は、トイレもコロナウイルス感染のリスクがある場所だからです。

コロナウイルスは感染力が高いです。そのため、飛沫感染や接触感染だけではなく、排泄物からも感染する恐れがあります。コロナウイルスは腸に入っても死なず、排泄物と一緒に生きたまま外に出されるのです。

したがって、トイレの詰まりによって排泄物が流れない状況になると、コロナウイルス感染のリスクが高まります。それゆえに、コロナ禍の中では特にトイレの詰まりには気をつけなければならないのです。夏の暑くて湿度が高い時期であれば比較的ウイルスの活動は鈍りますが、冬の寒くて湿度が低い時期はより危険です。

 

コロナ禍の中でトイレが詰まってしまった時の対処法

トイレ詰まり

コロナ禍の中でトイレが詰まってしまった時は、コロナウイルス感染のリスクを避けて対応しましょう。もしご自身での対応が難しければ、ためらわずにトイレ詰まり修理業者に依頼をしてください。

 

マスクやゴム手袋を着用し、徹底してコロナウイルス感染を避けながら修理を試みる

トイレ詰まりは、軽度であればお客様自身で修理できます。もしご自宅に薬剤やスッポン、ブラシなどのトイレ詰まり修理用品があれば、まずお客様自身での修理を試みてください。

ただしその際、コロナウイルス感染対策は徹底しておこなわなければなりません。その理由は先ほどもお話したように、トイレもコロナウイルス感染のリスクがある場所だからです。特に汚水の溜まっている詰まったトイレは危険です。

マスクやゴム手袋の着用は必須で、なるべく作業時間が長くならないように気をつけてください。トイレに長く居れば居るほどコロナウイルスに感染するリスクが高まります。もし作業が長引くようであれば、おそらくトイレの詰まりが重度であるため、トイレ詰まり修理業者に依頼をした方が良いです。

トイレ詰まりの原因によって、使用する道具や作業が異なります。

例えば、トイレットペーパーの詰まりが原因であれば、40~50℃のお湯が有効です。なぜなら、トイレットペーパーの原料である広葉樹のパルプ繊維は、お湯を使うことでふやけて柔らかくなるからです。もしお湯を流しても詰まりが改善されない場合は、スッポンや針金などを使い、トイレットペーパーを取り出しましょう。

排泄物の詰まりが原因であれば、アルカリ性の洗剤または塩素系洗剤を使いましょう。これらの薬品は、便の構成要素であるタンパク質を溶かします。それにより、詰まりが解消されるのです。

スマホを落としてしまいトイレが詰まった時は、これ以上水が流れないよう水栓を閉めましょう。その後、手または柔らかい棒を使って取り出しましょう。スッポンなどを使うと、かえってスマホが奥まで流れてしまうので使用してはいけません。

このようにトイレの詰まりの原因によって、適切な対処法が異なるため、詰まりの原因がわからない場合は業者を呼んだ方が良いです。

 

トイレ詰まり修理業者にすぐ依頼する

もしお客様自身での対応が難しいと判断された場合は、すぐにトイレ詰まり修理業者に依頼をしてください。なぜなら、トイレが詰まっている状況を放置している時間が長くなるほど、コロナウイルス感染のリスクが高まるためです。また、トイレの詰まりにより排水の逆流が起きるとより危険です。

そのため、無理にお客様自身で対応を続けようとせず、トイレ詰まり修理業者に依頼をしてください。コストはかかりますが、コロナウイルス感染のリスクと比べたら安いですし、何より安全です。コロナ対策を優先したトイレ詰まり修理業者の選び方は後述します。

 

コロナ対策を優先したトイレ詰まり修理業者の選び方

コロナ禍の中でトイレ詰まり修理業者に依頼をする際の選び方のポイントは、以下の通りです。

  • スタッフ全員がマスクを着用しているか
  • 訪問時・作業時の除菌・消毒を徹底しているか
  • スタッフが体温を始めとした健康状態をこまめにチェックしているか
  • 作業中に換気をこまめにおこなっているか
  • 作業を効率良く進め、なるべく短時間で退出してくれるか

コロナウイルスに感染しないようにするためには、お客様だけではなく、我々トイレ詰まり修理業者も気をつけなければなりません。マスク着用や体調管理は当然のことです。これらができていないトイレ詰まり修理修理業者は、コロナウイルス対策への意識が低すぎるため、修理を依頼しないようにしましょう。

また、スタッフの滞在時間が長いほど、コロナウイルス感染のリスクが上がります。そのため、できるかぎり滞在時間は短くしてもらいたいところです。したがって、トイレ詰まり修理の実績が豊富で、効率良く短時間で作業を終わらせてくれる業者を選びましょう。

 

まとめ

コロナウイルスの拡大は収束に向かうばかりか、ますます猛威を奮っています。そのため、私たち一人ひとりがコロナウイルス感染を避けるための努力をしなければなりません。

トイレが詰まってしまった時は特に危険です。コロナウイルス感染のリスクを下げるために、マスクやゴム手袋の着用、慎重なトイレ詰まり修理業者選びをしましょう。

 

前のページへ戻る

 

 

 

 

トラブル診断チェック

 

 

東京都は楽天スマートペイに対応

お支払い方法はこちら

 

 

対策

 

 

おすすめ記事

 

【対応エリア】
 東日本:北海道・栃木県・茨城県・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・静岡県
 西日本:愛知県・岐阜県・三重県・富山県・滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県・長崎県